入院中もインターネットが使えたら…詳細 ≫

子宮肉腫の告知を受ける

9日の入院生活後、無事退院。

術前2週間前にエンブレル(リウマチ薬)をストップしたので、かなり心配(術後の痛みにリウマチの痛みが加わったら、ちょっと堪らないもの)したけれど、全くリウマチの症状は無い。もしかしたらリウマチがすでに治っていたのかも?なんて思ってしまった。

手術の結果報告と正式な病名を聞くため、およそ2週間後の予約をする。必ず家族同伴とのこと(やっぱりなーの思い)。

2週間後……

予想通り、子宮肉腫とのこと。ただ、病理検査が完全に終わっていないので、更に詳しい内容は、後日ということになった。後日も本日同様、夫同伴とのこと。

私としては、確信していた内容なので、特に今日の告知には意味を感じない。というか、早朝から予約の順番取りや、仕事を休んで(1人で切り盛りする自営業の夫は結構大変な思いで時間を確保するわけで)同伴してくれる家族の負担をもう少し想像してくれると有り難いと思った次第。

病理検査の結果が間に合わないのなら、予約延期の電話が欲しかったなーとつくづく思う。まさか小出しに告知をしてショックを軽減する作戦とは思えないし。

とにかく、患者や家族が病院に行き、何時間も待って診察室に入る大変さをもう少し理解してくれると嬉しいのだけど…。

目次